地政学的ことばの問題

正しい日本語は実際のところ存在しないと思う。ここに地政学的な問題がある。例えば日本国を例に挙げると、方言というものがある。日本でも標準語で統一されているように思われるが、それは共通の価値観を含んではいるが、地方の方言を理解する事は難しい。

沖縄の方言だけで語られたら、知らない人は何を言っているのかわからないいだろう。僕は日本におけるそういう方言をすべて知っているわけがないし、それは誰しも理解は不可能だ。言葉は世界中で違っていて、日本でもそういう違いがある。

さてさて。隣国、韓国朝鮮がある。かの国は遠い昔、日本の一部だった。朝鮮族は言葉や感情の出し方において日本とまるで違うように見える。それは外国であるからそうなのではなく、いわゆる地政学的にそして歴史的に培ってきた文化風習というものが出来上がり、それが決定的な違いに見える。

それら違いは日本での違い、方言や文化風習の違いと同じなのだ。それは地政学的な遠い国と同じことで、遠くなればなるほど、言葉の違いや習慣の違い、あらゆる違いを生む。それは眼の色、肌の色に及ぶ。

ここで一言でしめるなら世界中の人々と日本人は関係しているのだ。DNA分析からいうと、人類みな兄弟ということになる。だが国がありその国に人々が国の違いを主張して戦争や物資の取り合いを行う。

だが我々はそんな風景を良しとしなくとも考えに及ぶことはない。個々人はそんなことに目を向けることは事実上不可能だ。個人にある現実があり、その現実は個人を目隠しし大きな現実に気付くことはない。それは悪いことではなく、どうしようもないのだ。

人類はそうして歴史を刻んできた。歴史を否定することはできない。殺戮の歴史といえばそうなのだが、僕はそこにある光明をみつけ出そうと考えてはいる。それは正しさではなく、調和というありようで望める人間回復の僕の中の基調テーマだ。それらに気付いている人はいないわけではない。ただ少数派のそういう人たちは頭を抱え絶望の淵に立っていることだろう。

# by ningenno-kuzu | 2018-06-17 11:29 | ブログ | Comments(0)

ゴミ

長い年月をかけて我々はごみを焼却してきた。地球温暖化がいわれて久しいが、実際のところその問題は不透明だ。現在の生活様式を望むなら我々は延々と焼却して、そこで化学物資を地球上に排出し続けるだろう。それが人類の害に及ぶならどういう形で降りかかってくるだろうか。その点は正確には見いえてこない。人類が即死に及ぶ事象ではなく、どこかわからないが生体に害があり疾病にになるのなら我々は今の生き方を考え直さなくてはいけない。

ごみ焼却には世界一猛毒であるとされるダイオキシンも排出される。それは微量であるから問題がないように思われるが、それらが蓄積されるとしたら問題がある。水銀のような重金属は蓄積され、人間の体から排出されないという。どちらにせよそういった物質は生体に良くはないだろう。

昔は包装紙、包装するものが簡易であった。またリサイクルも進んでいて、たとえば瓶ならば10円で引き取ってくれたりしたし、コロッケなどは新聞紙などで商品を包んでくれたりしていた。現在は包装するものが、多岐に及び、結果それらは焼却される。そうして現在があるのだ。


こういったことを真面目に考えると人類に未来はないなと痛感する。走り出した暴走機関車はもう止めることが出来ないだろう。こうして我々は少しずつ我が首を絞めつつある。それを理解するにはもう手遅れだろう。とはいえ地球の自助作用に期待する以外我々には打つ手はないだろう。

# by ningenno-kuzu | 2018-06-16 11:38 | ニュース | Comments(0)

免許皆伝のこと

今日朝の仕事が終わって職安に行ってきた。僕の年齢の求人が少ないこと少ないこと。これでは先行き不透明だ。働く意欲がある者に世は職を与えてくれない。年齢で切られるわけだが、それはどうしようもない。年が行けば能力も落ちると思われがちだ。実際そうなのかもしれない。

職安の前に一人の男性が立っていた。ひとを募集していたのだ。募集の職種は何と弁護士に看護師。こんなところで人が見つかるわけがない。彼ら彼女らは転職に困ることはないだろう。一番不足しているのが看護師?  でも弁護士は…。

僕は普通免許を持っている。必要のない免許だ。いえいえクルマに乗るではないか? じゃあ免許は必須だ。いえどういたしましょう。免許がなくても車に乗れるんだ。そう無免許運転で乗れる。だがそれは違法。いけないことだ。じゃあ免許を取った面々は、果たしてその名にふさわしい運転をするだろうか? いえいえそんなことは在りません。事故は毎日あるし、その内には死亡つながる重大事故もある。運転はその人その人で安全を心がけるしかない。

あらゆる免許に思うが、大したことをするわけでないのに免許がいるというのは不都合な世の中だなと思う。ある免許を取っていた元同僚が退職するまで昇進しなかった。同い年の奴が免許がないのに昇進した。免許は入り口には優しく、会社に貢献となると免許では貢献ができるとは限らない。

漫画の世界だが『ブラックジャック』という天才外科医を扱った漫画があった。彼は高額の医療費をとるが、医師免許はもっていない。正確にははく奪された? 覚えていないがそんな感じだ。そういう免許の流れから見て、どうもおかしいと思うのだ。

僕の家の近所に保育園がある。そこに働いている人を見ていると、本当に天職みたくいるような人は皆無に思える。彼女らは保育士の資格は有るだろう。じゃあ彼女らは子供の必要性を単に金品で見てないか? 僕が以前に障害者の児童を預かる施設に応募したことがある。そこで面接官がいっていたのは「商売だ」ということだった。はたと僕は立ち止まった。この施設に受かると困るな。僕自身、子供が好きなので、経営側と対立する? そんな心配をよそにお祈りメールが来た。でも障害を持っているとは言え可愛い子供たちだったわい。

免許皆伝。僕はすでに人生の免許皆伝をすませた。何事も寛大にかんだいに…。こころの底から腐っている人間なんていないのだ。

# by ningenno-kuzu | 2018-06-11 12:28 | ブログ | Comments(0)
キルケゴールはその人物の歴史を抜きに語ることはできないと思う。彼の生きざまは壮絶だ。彼の望むことは現代人では望むべくもない。彼の苦悩すら我々は味わうことができないのだ。彼がキリスト者として神と対面して著した書物の語るところは、現代人では哲学者でしか読むことすらできないだろう。つまり彼に特別の好奇心を持って彼の書物を読むことは我々には不向きなのだ。

彼の孤独と絶望。苦汁をなめた彼の生涯。彼は当時コルサル誌に「あれかこれかがやってくる」と戯画された風刺画を与えられて笑いものにされた。もちろんそんなことは彼には関係もなく問題でもなかった。彼の苦悩がそんな醜聞を一切合切、無効にしたのだ。

彼の偉業は時代と共に忘れられつつある。彼が問いし実存哲学は、彼の後人が彼を引用することで、実存哲学の祖と言わしめた。また哲学的な問題というのは、実利とかけ離れているわけではなく、我々の生活に根差しているものなのだ。そういった歴史性を備えた、あらゆる学問は多くは知られることはない。

だがして、なぜ我々の生活に根差しているか? それは深いこころの分野にまがうことなくあり続けてい、なんらかの新しいことごとに臨むときにその哲学は有効であるのだ。

キルケゴールの苦悩は人類の苦悩を先取りし、深く悩ましい人々の苦悩の前にある。誰かが頭を抱え苦悩する姿にキルケゴールはよりそってくれるのだ。

いつ何時、苦悩にまみれても先人は答えてくれるのだ。その書物は書庫に隠れている。いつか開くページを待たれているのだ。

# by ningenno-kuzu | 2018-06-11 03:58 | Books | Comments(0)
# by ningenno-kuzu | 2018-06-03 10:52 | ニュース | Comments(0)

UOZUMI君

U君の家は鉄筋コンクリートの二階建てだった。彼の家の近くには小さな川があってその横にあった。ぼくは一度彼の家にお邪魔したことがある。小学3年か4年の時だと思う。彼の家には確か地下室もあったはずだ。

彼とは少年期によく遊んだのだ。彼と僕が叔母の家の近くで遊んだことがある。その家の北側にコンクリートブロックの塀があり、上の方はまだ積まれたままで、目地がまだセメントで固定されていなかった。その上ののぼり僕たちは遊んでいたが、彼がブロックごと転んで足を骨折したことがある。

U君の家にはおばあさんがいた。僕は家にお邪魔したとき彼のおばあさんにいちごジャムを塗ったトーストと紅茶か何か飲み物を3時のおやつで頂いたことがある。おばあさんは昔、学校の教師をしていたそうだ。それに僕はトイレを借りたことがある。そこでは小便器があって用を足したのだけど、僕は小便を少し外側に飛ばしてしまい、恥ずかしかったので誰にも言えず、トイレットペーパーか何かで拭き取った。小学生ではそういうことは恥ずかしいことなのだ。

数年が過ぎたと思う。何歳だったかわからないが、U君とは疎遠になってしまったように思う。あるとき僕は見かけた。U君が引越しするのを。そうだ。どこか遠くに行ってしまったのだ。

UOZUMI君はどこに行ってしまったのだろう。僕にはわからない。

# by ningenno-kuzu | 2018-05-27 09:11 | 思い出 | Comments(0)

天才

あなたは天才ですって? そうですよ天才です。何の天才? 天才にもいろいろあると思うけど一体あなたは何の天才でしょう?

僕ですか? そうです、あなたです。それは困りましたね。天才が天才を語るには面倒な手続きが必要になってくる。天才は天才と名乗るだけでそれほど意味はないですよ。

困るのはわたしですね。わたしの好奇心が満たされないじゃありませんか。他人のことは放っておくのが一番ですよ。誰が誰であるなんて大した意味はないですからね。それに君は僕のことを知らない。いやむしろ僕のことを良く知っている。そうではないですか? 

わたしがあなたを良く知っている? そうです。ご存じのはずだ。いいえあなたとはまるで親密な関係になったことは一度もありません。そうじゃないですか? そうですね。我々ははかない生き物で、通り相場からいえば二人ともこうして会えることも奇跡といえます。また誰が誰を知っていると言えましょう? 天才たる僕がことに挑んでも僕らの関係は何もない所から出発して、いずれちりじりバラバラに双方とも離れてゆきますね。記憶は確かな物ではありません。そうして互いに忘れ去られることでしょう。

ずいぶんだわ。わたしがわたしであるようにあなたが天才であれば良いことですわ。そうは思わない? そう思うでしょ。ただし何の天才かは定かじゃないな。さてわたしは午後の睡眠に入るために自宅に向かいます。それは結構なことですね。睡眠は人のリズムを刻む効果的な人間の営為ですから。

ではさようなら。こちらこそさようなら。

ところであなたは何の天才? 

# by ningenno-kuzu | 2018-05-20 14:14 | 藝術の光と影 | Comments(0)
オロオロと歩く人を見つける。何をしているのだろう? 歩いているだけなのだ。だが彼女、もしくは彼は心の中にある暗い想念を抱いている。そんなことは見かけ上、わからぬことだ。自分の身なりや息遣いに追われて先を急ぐかのようだ。老いるということ。今のままではおれないということ。すべては地獄にきすということだ。

人々が列をなして待ち続けている。それは在りもしない幻想を見るためだ。直截的に言えば彼ら、または彼女らには明日はない。死すべき明日はあっても現在にとどまることは不可能だ。鏡を見て変わりゆくおのが肢体に嘆きを込めるのだ。明日はないかのように今日振る舞い。明日は現在にある悦楽のために帳尻合わせをもくろむ。

ただ確かに見える大地もスポンジようにふわふわと揺らぐ。誇大妄想は確かな大地を演出する。またとないといいながら昨年の実りを信じ、叶わぬ敵はいないと口々に囁きかける。人間らしい愚かな行動も、すべてはどこまでも許されるかのようだ。

人が続ぎつぎと倒れ朽ちてゆく。ぼくは指をくわえてそのさまを眺めている。痛みは走るが、そんな事態を誰が修復できるだろう。あまつさえ見知らぬ人々だ。声をかけるにも彼らもしくは彼女らは死んでいるのだ。

生きている不思議を問いかける罠。濁り酒を手にして歓喜する駄馬。祝杯に埋もれて、我々は目の前にあることを忘れる。その忘却の彼方で僕らはダンスを踊っている。神妙な顔つきで僕らは死の前にある忘却を求めさすらうのだ。

取り返しのつかない地図を開いてしまった。そこには何も書いていない。そこにある塊という名の白紙がある。それは白いだけで、やはり何もないのだ。自分でやり方を考えるしかない。複雑な迷路を歩いている。地下道があったりする。暗い道だ。頼りのおひいさまも、天候には逆らえない。

地のそこからマントルの何とも言えない嫌味な音が聞こえてくる。わずかな光がそこから抜け出して、宇宙の創生までつながっているという。次第にその明るさもなくなって、はたと自分が一人だと気づく。家族も友人もそのほかあらゆる関係を持った人々とも自分は一切がっさい関係ないと気づくのだ。

問いかけても誰もこたえはしない。無の中でそれらは勝ち誇っている。そこにいきどうりを感じる刹那に、気が付けば人類史のよく似た御仁が自分の地獄とたがわぬ生涯を終えたと知る。もうずいぶん前だ。

こんなはかない夢があったろうか。こんな切ない物語があったろうか。僕らは箸休めで腰かけて、やがて灰になる運命だとファンファーレはつぶやく。ラッパの違いはあれどマウスピースで吹かれた曲は世の果ての旅だった。

誰もたどり着いたことのない先には何があるというのだろうか? 何もないというのが本当のところかもしれない。

# by ningenno-kuzu | 2018-05-19 19:47 | 藝術の光と影 | Comments(0)

気のふれた女

僕は子供の頃、H町に住んでいた。平屋の二間で、僕と妹、と両親と祖母が住んでいた。風呂なし共同便所でもあった。また便所は外にあり、汲み取り式だった。

風呂は銭湯に行った。近くにあったのだ。僕は幼稚園か小学1年くらいまでは女風呂に入れられていた。父がいるのになぜだろう。それはわからぬが、僕がそこで恥ずかしい思いをしたのは必至だ。近所の同学年くらいの女児が、やはり銭湯に来ていたのだ。僕は男なのになぜ女風呂だろう。そういう疑問もわいた。だが母や祖母に抵抗することはなかった。

この女風呂にやはりやってくる人の中に明らかにおかしい女性がいた。幼心にもなぜだかそれはわかった。だいたい10代後半か20代前半の女性だ。原色の着衣、顔は明らかにおかしい派手な化粧をいていた。この女性はおかしい、と僕は感じていた。子供でもそういうのはわかる、ということを現在において身に染みて感じる。

昔のことだが、いわゆるキチガイという種族は身近にいたと思う。特別扱いしなかったのだ。現在では病院などの施設が充実し、キチガイはそこでおとなしくその生涯を閉じることだろう。昔はそういうのはなく、一般人の間で暮らしたのだろう。

あのふれた女性は鮮烈に印象に残っている。彼女が何か悪いことをしたわけではないのだが、こうも記憶にとどめているとは明らかに彼女が記憶として僕に残したものが特別だったのだろう。その女性は今頃、何をしているだろうか?

# by ningenno-kuzu | 2018-05-15 19:34 | 思い出 | Comments(0)

死亡遊戯

ここにあるのは喜劇だ。そうやって草をはむ。ある時だ。噛み砕いた草のにおいと共に懐かしい味がした。列車に飛び込んだ病苦の老人が、そこまで来ていたのだ。

あるとき詩人はつぶやいた。この時代とある、歩きながら眺めていた風景を我らは稀代な創作物に変えたのだ。人としてある人生を悲しい眼で泣きもせず心に深く閉じ込めた。

その生きざま、痛いほどの感覚を飛び越えて、十全な用意を込めて矢を放つ。

生垣の花は咲いたか? そうありますね。ならば越えなくてはならない。長い道があるように、彷徨いながら空中を散歩する。

心は個々にあったろうか。死すべき花の頂。咲き乱れては消えゆくうつろいやすい物。光線でひどく歪んだ影が、死神となって乙女の心を揺さぶる。

あなたはもう死んでいるのですね。ようやくわかりました。いつから死んだのでしょう。

外のそぼ降る雨に形骸は放置される。噛み砕いた一連の流れ。この死は連綿と続く。

歩き疲れた時。空を見上げる。雲があるようにあり、風がそれらを運んでいた。飛びぬけたその青。哀しくも灰色に変化し雨がまたとない空から舞い落ちた。

いずれ歴史は泣くだろう。この先が.頼りになる不埒な面持ちで語るのだ。

さようなら。

わたしは泣きはしないです。だから気温を確かめますね。形もなく消えたあなたをすっかり忘れるまで泣きはしません。

くるくると回る機械。はじける泡。業火に焼かれた身近な生き物。動かなくなった口元。その肢体。腐臭が漂い始め、公園で遊んだことも忘れてしまった。

忘れ形見。記憶の底。ふっと消えた記憶。

いずれこれらの新しい残酷な致し方がない挑戦が始まるのだ。

さようなら。

# by ningenno-kuzu | 2018-05-13 08:52 | | Comments(0)

自画像 paint by 魔ギオ


by 穴田丘呼