わかったような気がするんだ。

何もかも、そして何もかも、わかったような気がするんだ。ぼくの勘違いであればいいのだが…。でも、この先が長い。わかってからの先の先。仕方がないんだ、とも思う。

岳さんに電話をした。今月は忙しいのだそうだ。だが、しかし、宴を持っていただけるそう。ぼくが東京に行くからだ。10月の半ばか後半、ぼくは新宿に降り立つだろう。大貫さんがいないことが、手痛いそうだ。もしかすれば、大貫さんは津波に流されたのかもしれない、ということらしい。大貫さんが編集等で活躍されていたからだ。彼がいないと、「えん21」はできないだろう。ソフトばかりじゃダメなんだね。岳さんは著書の文庫本が、ぼくの地元の本屋さんで平積みされていた。やったね! と思った。これぞ大器晩成じゃないかと。杉本さんは体力的にたいへんだそうだ。ぼくが新宿に行く時、こられるのかな? それはわからない。少なくとも大貫さんは来られないだろう。死んだ(?)ひとを呼ぶのは難しい。

わかったこと。は、ここでは述べない。若い人には伝えたくないし、うまく言葉にできそうじゃない。ぼくは疲れ果てているので、あんまり動きたくない。しっかり寝ているが、いつでも眠たい。あくびが出る。夏の疲れがとれないんだ。ひどく日光に焼けたしね。仕事とはいえ。来月は仕事をしないのが、目標だ。
by ningenno-kuzu | 2012-09-11 18:19 | 日記 | Comments(0)

自画像 paint by 魔ギオ


by 穴田丘呼