芸術の起業化

芸術ということを聞くと、たいていどの人も同じような印象を受けることだろう。ぼくの認識はまるで違う。生そのものだと考えている。あらゆる現実あらゆる事象、それが芸術と考えているのだ。だからぼくはすべての人の営みが芸術だと思っているのだ。見るもの聞くものすべてが芸術だと。そういう認識はぼくだけだろうか?

それはわからない。人間が作り出したものすべてが芸術と思うのは馬鹿げているだろうか? 大衆は考えてもみないだろう。大衆はそもそも考えるということをしない。ぼくとの現実認識の乖離は大きいのだ。とはいえそれは彼ら大衆が劣っているからではなく、ぼくが恵まれていただけのことで大筋でぼくと大衆を分かつ生物学的な違いはない。というのもぼくも数多多数の人と同じような行動様式を持っているからだ。ただしぼくは大衆とカウントされても、また違う視点に立ち戻ることが出来るだけなのだ。つまりぼくは自分だけの考えに忠実なのだ。言ってみれば孤独を恐れないのだ。

閑話休題。ぼくは優しい一人の女性を求めている。求め続けた。でもぼくは独身である。それはぼくの男性としての行動様式がまるで違っているので、たいていの女性はぼくが愛すべき女性であると思われているとは考えてもみないのだ。ぼくはわかりやすい男性ではないのだろう。たとえネット上で好ましい女性だなとは気づくことが困難であるように現実でも困難だろう。ぼくは行為を行う。でも女性はありがたいと思うだけで、もしくは慣れているだけでぼくが好意を持っていると確信できない。ぼくは女たらしではにのだ。いわゆる好きだと言ったのはたった一回だけだ。それも20歳の時に付き合っていた女の子が私のこと好き? と聞いてきたから好きだと答えたのだ。本当にそうだからそういったのだ。愛しているなんて生まれてから一度も言ったことがない。だからそんな言葉を待っているだけの女性とはうまくゆくわけがない。またぼくは付き合った女性はたった一人である。付き合い続ければ結婚していたことだろう。でもたった3ヶ月で別れた。それが短いか長いかぼくは知らない。セックスをする≒ぼくは結婚するべき相手であるという認識は、フリーセックスの時代では変わり者扱いされるかもしれない。でもぼくはそうなのだ。

話を戻そう。ぼくは芸術で何かをしようと考えている。ぼくの芸術に対する認識で何かをしようと考えているのだ。それは起業だ。一般的にはベンチャー企業と言われる仲間に加わろうと考えている。だがそれは世界中を探してもない企業になることだろう。でもそれはどこの企業にも厳密に言えば当てはまることだ。ただしよく似ているとはいえる。ぼくの考えている会社はどこのも前例のないものになるだろう。だがそれがつまり前例がないものが過去になかったわけでもないし、現代においてもないとは断言できない。それは当然の認識だ。ぼくにとってというべきかも知れないかもしれないが。また資本主義の原理で言えば、ぼくは莫大な利益を得る可能性が非常に高いだろう。とはいえ一般的な会社と違って営利を追求しよと考えられた上で得られることの利益とは言えないかもしれない。企業理念がまるきり独特だからそういうしかないのだ。NPO法人みたいな物とも違う。もちろん一般的な会社とも違う。なぜこのようなことが可能なのか考えてもみないことは、世界中を探してどれだけあるかぼくにはわからないが、世界標準とはかけ離れたスタンスで起立することだろう。

車のメーカーは車で世界に勝負し、世界一の車メーカーになることができる。その莫大な儲けは注目に値するが、ぼくには関係のないことだ。それは僕にとって虚しいことでありえる。なぜなら大衆におもねずにはおれないからだ。たくさん売れることが至上命題の会社とは、ぼくのやり方とは違ったものになる。ぼくは大衆に媚びるのではなく大衆を導く。新しいライフスタイルの確立を促す。小説で言えば一種の教養小説ともいえよう。大衆の好みを無視はしないが、大衆を教育することをやめないだろう。それは学業とはいえない。生きている上において何がもっともベストであるか大衆に気づかせるのだ。ただし大衆は考えないから大きな視点と小さな視点を併せ持って対処する必要があるだろう。CMにおいても画一化された方程式のような方法があるが、それについてもぼくはまるで違う視点で考えている。すぐに売れるものと遠いビジョンをもってしてことに挑むのだ。極端な視点を合成させながらことに望む。

とはいえシンプルな考えをぼくは持っているだけなのだ。ぼくは生きること生き残ることに加担する。この言葉がすべてだ。人類が生き残るには何が必要かね? と問うことができたならそんなに難しいことではない。だからぼくにとって芸術が全てであると言えるし、映画を撮ろうが書物をだそうが会社を設立しようが、僕にとってはなんの違いもないのだ。

by ningenno-kuzu | 2017-03-21 10:08 | 藝術の光と影 | Comments(0)

自画像 paint by 魔ギオ


by 穴田丘呼